新規スレ作成

猛烈に熱心に介護した母があっけなく死んでしまいました。 なんだか わけがわからない人生になりました。 あそこまで猛烈に介護をさせてもらって花火みたいに亡くなっ

6レス299 Hit閲覧専用

猛烈に熱心に介護した母があっけなく死んでしまいました。 なんだか わけがわからない人生になりました。 あそこまで猛烈に介護をさせてもらって花火みたいに亡くなってしまって

人生こんな時 どうやって新しい自分を生きていけばいいのでしょうか。

17/03/21 04:21(スレ作成日時) [RSS]

  • 新しい回答の受付は終了しました
  • No: 1匿名さん1(匿名)更新時刻17/03/21 05:25


    お母さまも娘さんに介護してもらい満足して旅立たれたと思いますよ。


    子供として役割を全うされたのですから次は自分の幸せを求めてください。


    今まで余裕がなく出来なかったことをしてみたり旅行に行ったり思い浮かんだことをやってみるといいですよ。


    徐々にシフトチェンジしていきましょう。

  • No: 2匿名さん2(匿名)更新時刻17/03/21 05:48

    ありがとうございます。優しい回答を本当に本当にありがとうございます。楽になれました

  • No: 3働く主婦さん3(♀匿名)更新時刻17/03/21 12:56

    主さん、お疲れ様でした。

    私も数年前に父を亡くしました。生前から入退院を繰り返していましたが、晩年は寝たきり生活でした。

    昔ながらの頑固オヤジで…入院中は毎日顔を出すのが当たり前、少しでも気にいらないことがあれば怒鳴り散らしていました。

    看護師さんにも随分迷惑かけまして、母は平謝りしてました。

    最後は意識を失って、そのまま亡くなりました。

    感謝の言葉や謝罪の言葉もなしに…
    でも自分も母も十分過ぎる位に看病してきたと思うので、その点に関しては後悔の気持ちはありません。

    父方の兄弟・親戚にも本当によくやってくれたと感謝して頂けました。

    でも、やっぱりふとした時に父を思い出し、これで良かったんかなぁと思うこともあります。

    毎日通った父の病院に、もう用事もないのに無意識にいってしまったりと。

    そんなことが続いた時に、仕事でお寺に行って住職とお話させて頂き、思いを打ち明けたことがあります。

    住職は、父を忘れることもまた一つの供養だと仰りました。

    いつまでも私が父のことでクヨクヨ悩んだりしていると、父も私の事が心配で落ち着かないから。

    私が毎日を生き生きと充実して生活することが父の供養になると言われました。

    季節の変わり目、お盆やお彼岸、命日などに父を思い出し、手を合わせるだけでもいいんです。

    今はひとり暮らしの母のめんどうを見ながら、今までできなかった趣味などに時間をかけられるようにもなりました。

    そして母と父の看病での苦労話を笑って話せるまでになりましたよ。

  • No: 4匿名さん2(匿名)更新時刻17/03/21 23:02

    みなさんアドバイスありがとうございます。お礼のとこがわからないので ここにお礼させてください

    すいません

    みなさんもいろいろな経験をされてきたんですね。私は燃え尽きてしまって。忘れることの大切さなど

    優しいアドバイス優しさを みなさんありがとうございます

  • No: 5通行人5(匿名)更新時刻17/03/24 09:41

    御立派ですね
    でも やはり長期に渡ると 主さんの負担は大きくなっていたと思います

    これからは ご自分のために 生きればいいじゃないですか

  • No: 6匿名さん2(匿名)更新時刻17/03/24 12:00

    皆さん

    本当にありがとうございます😊お礼のクィックのところがなかったのでここに書かせてくださいね

    ありがとう

    なんか

    こんなにも

    優しく言ってくれる方がいて 私はびっくりしました

    ありがとう
    ありがとう
    ありがとうございます

    皆さんの幸せを祈っています

    私に優しくしてくれてありがとう😊

このスレは閉鎖されました。
新しいレスの受付は終了しています。


このスレをみた人は、こんなスレも見ています