関連する話題
風俗嬢って…
変な夫婦…
西松屋で出産祝い、怒られました😫💧

40代の男です。引きこもりで、正真正銘のニートです。女性と交際した経験はありませ…

回答 75 + お礼 71 HIT数 6893 あ+ あ-

レス絞り込み
スレ主のみ

No.66 18-10-07 18:03
お礼

削除投票

>> 63
ありがとうございます。

あなたが、想いを寄せていた方も、
素敵な人だったのですね。
今でも、その人の幸せを祈っています
の辺りで、涙が出そうになりました。

彼女に対して、尊敬出来る部分は、たくさんあります。人事異動で慣れない部署で、毎日頑張っています。
彼女の言葉に何度もパワーを貰いました。最初に会った時の笑顔も鮮明に、
覚えています。笑

ニートでも恋をして、いいんですね!(*´ω`*)

No.67 18-10-07 18:14
お礼

削除投票

>> 64
ありがとうございます。

紹介して下さった本は、既に図書館で
借りた事があります。でも、教えてくれてありがとう。

ほぼすべての項目に、あてはまるので、悩んでいます。発達障害と分かったところで、人と上手く関われないという問題は、直ぐには解決しないので、
相談する事も、ためらってしまいます。

No.68 18-10-07 18:21
お礼

削除投票

>> 65
ありがとうございます。
誰だって、苦しみがあったら、解放されたいと思います。
役所への相談をやめるか、引っ越す
かも考えています。笑

No.69 18-10-07 18:25
匿名さん63 ( 匿名 )

削除投票

片恋が、西洋最高峰の詩人ダンテを高みへ導いたお話です。
彼の生きる源泉は、ベアトリーチェという女性だった。少年の頃から彼女を慕い続け、18歳の時、道で再会した。彼は感動を『新生』と題する詩につづる。そして、彼女への思いを“どう表現すればいいか”と悩むなかで、ダンテは新しい詩のスタイルをつくりだしていく。まさに、彼女がダンテの芸術の扉を開いてくれたのです。
しかし、ダンテにとって、彼女は”憧れの人“で終わる。ベアトリーチェは他の男性と結婚し、若くして死んでしまう。それでも、ダンテは、ベアトリーチェを愛し続けた。それが、結果として彼の心を高貴なるものに鍛え、高め、深めていく。ライフワークの『神曲』では、ベアトリーチェは、ダンテ自身を天上界へと導いていく尊貴な存在として描かれている。
主さんにとって、ダンテは、時代も国も違うかもしれない。
しかし、相手がどうであろうと自分の思いを見失わず、その愛情を“生きる希望”に変えていったダンテに学ぶことは多いと思う。恋愛は、生きるバネに、生きる強さのバネにならなければいけないと私は思う。

「好き」という気持ちに翻弄されて、二人だけの世界をつくろうとするよりも、相手の「尊敬」できるところを学び、自分を高めていくほうが賢明です。
『星の王子さま』の著者であるサン=テグジュペリも、「愛するとは、互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見ることだ」と言っています。
その意味でも、やはり共通の信念を持っているほうが、長続きする場合が多い。
男性も、女性を一個の人間として尊敬し、尊重できるようになってこそ、一人の「自立した男性」と言える。

No.70 18-10-07 20:38
匿名さん70 ( 匿名 )

削除投票

人に恋するって良いと思いますよ。
既婚者さんとの恋は成就出来ないでしょうけど、次の恋するチャンスの為にどんな準備をするべきか考える時期が来たという事だと思います。

ページ : 13 / 29

新しい回答の受付は終了しました

悩みを投稿する

お知らせ

10/17修正 PC版デザイン変更の実施について(完了)

関連する話題

注目の話題

心の悩み掲示板のスレ一覧

悩みを投稿する

お悩み掲示板 板一覧