関連する話題
工場勤務の友人にコールセンター勤務を馬鹿にされます。 以前、少しだけ工場で派遣として働きましたが、 その時に、小中の同級生と再会し、仲良くしてきましたが
とあるスーパーで働き始めた40代主婦です。 9時から勤務開始なんですが、8時50分からクリーンタイムが始まります。しかしみんな8時40分には店内に入り掃除はを
会社にとってパワハラは認めたくないことでしょうか。 会社側の人が加害者なので、会社側は弁護士で守りたい様子です。 会社がパワハラを認めないのは、加害者だけで

飲食店を自営で経営を始めたいと考えています。日本政策金融公庫がら700万近くを借…

回答2 + お礼2 HIT数 148 あ+ あ-

匿名さん
20/10/27 04:08(更新日時)

削除投票

飲食店を自営で経営を始めたいと考えています。日本政策金融公庫がら700万近くを借入したいのですが自己資金が180万円ほどしかありません。認定支援機関に間に入ってもらっていますが、審査が通るか不安です。アドバイスください。

No.3169245 20/10/26 04:48(悩み投稿日時)

新しい回答の受付は終了しました

投稿順
新着順
主のみ
共感順
付箋

No.1 20/10/26 05:47
匿名さん1 

削除投票

アドバイスも何も…。
コロナが収まっていない時期で起業する意図が分からない。
逆にコロナを逆手に取る経営戦略でもあるのだろうか?
もしそれが無いなら起業はやめた方がいい。
コロナが収まってもだな。
コロナによって飲食業界が大打撃を受けている最中、明確な中・長期戦略も無く起業しようとする無謀な思慮では、成功を掴むのは相当困難だろう。
政府の対策に期待でもしているのだろうか?
それなら見当違いだ。
コロナ禍でも政府の施行によって客足を伸ばしている企業とは、元々客を呼ぶ力があった店だ。
力が無い店は、go・toだろうがサービス券だろうが、客を呼び戻せる効果は限り無く少なく、どんどん潰れていく店が増えている。
このご時世に新規参入とはあまりに無謀過ぎる。
資金面の問題よりも、時世を読めない経営戦略の方が問題だと思うが…。

No.2 20/10/26 06:46
お礼

削除投票

的確のアドバイスありがとうございます。去年、老朽化で立ち退きにあい立ち退き料も、貰えず現状回復工事やら閉店するのに、資金がかかりました。
長く経営してきた店で、それなりに繁盛してました。その店の、本当に近くに半居抜き物件が出たのでコロナが終息を待たずに、ビンチをチャンスとらえ起業する事にしました。無謀かもしれませんが夫婦2人で頑張ってみます。

No.3 20/10/26 20:04
匿名さん1 

削除投票

なるほど。
その道の経験者という訳だな?
当方、今は現役ではないが昔しアントレプレナーのビジネス学校でSVをしていた事もある者だ。
こういう話題には、つい知ったかぶって口を挟みたくなるものでな…。
経験者ならば多少のリスク管理は問題無いだろうな。
しかし相手はコロナという無期限のトンネルだ。
確固たる勝算が無ければ、開店して3ヶ月目くらいが地獄を見る時期となるだろう。
まぁ経験者ならばそれは承知だろうが…。
公庫からの借入は事業計画書がモノを言う。
それが無くとも申請自体は出来るが、狭き門を突破するのは困難になる。
しかし素人が自作で計画書を作成しても、やはり詰めの甘いものになってしまう。
そういう時は我々の様なSVの出番だ。
収支予測や決算報告書(草案)の類も慣れているSVならば、数字のマジックで公庫を納得させられるものを作れるからな。
それを添えて提出するのとしないのでは雲泥の差だ。
但しSVへ依頼するには当然金が掛かる。
それも必要経費だと割り切れるならば良いが、そうも行かない場合とて理解は出来る。
そういう時は一般の銀行の融資課へ行く事をお勧めする。
融資の相談を事業計画書を持参して行くと良い。
そうすると銀行の融資課の方が、内容を見直してくれるはずだ。
結果として銀行からは金を借りなくて良い。
公庫に比べて損が大きいのは当然の事だ。
ズルい様だが、銀行からは借りずに事業計画書だけを見直してもらう為に通う訳だ。
そしてまともな内容になった書類をそのまま公庫に持って行く。
銀行に見てもらったという、ある意味ではお墨付き(途中でも)の書類を持参出来るという、事業主マジックを使う訳だ。
当然こんな事は学校では教えないが、そういう少々ダーティーなテクニックも生き抜く為には時として必要だ。
とにかく、餅は餅屋だ。
強力な武器となる書類を専門家を使って、ただ同然で用意出来るのは、大きな大きなアドバンテージだ。
健闘を祈る。

No.4 20/10/27 04:08
お礼

削除投票

勉強になりました。ありがとうございます。

投稿順
新着順
主のみ
共感順
付箋

新しい回答の受付は終了しました

お知らせ

11/17 15周年を迎えました

関連する話題

職場・仕事の悩み掲示板の悩み一覧

悩みを投稿する

注目の話題

お悩み解決掲示板 板一覧