関連する話題
家事も育児も仕事も幼稚園関連も100%夫に任せてしまっています。やらなきゃやらなきゃと思うのですが。今日も寝たきりで。

あれは幼いころの私が高熱にうなされていたときの話です。夢か幻か。 うつろう意識…

回答3 + お礼3 HIT数 229 あ+ あ-

誰にも言えないさん
22/05/14 13:47(更新日時)

あれは幼いころの私が高熱にうなされていたときの話です。夢か幻か。
うつろう意識の中、視界には様々な色に染めた鬼面やお亀面が浮かび上がってまいりました。

鬼面とお亀面の出現率は、七対一くらいでしたでしょうか。

それらの面は、次から次へと出現して私に近づいては消え、また近づいては消えるのです。
何時間経ったか何日間だったか、わかりません。
感覚的には3日間ほど続いた気がしています。
そのような不快な現象を体験していたとき、同時に耳の中ではお経が響き続けていたんです。

幼稚園の頃の記憶と思っていましたが、幾年か経過して記憶が思い起こされたとき母に訊ねたことがあります。
当時の私は1歳か2歳頃だったと申しておりました。

割愛

いったい、あのような体験は何だったのでしょうか。



22/05/14 13:15 追記
お経と同時に太鼓も響いておりました。
太鼓音のほうが印象強かったのです。
当時隣家はお寺だったそうです。

タグ

No.3540457 22/05/14 13:01(悩み投稿日時)

新しい回答の受付は終了しました

グッドアンサーに選ばれた回答

No.5 22-05-14 13:33
匿名さん5 ( ♀ )

削除投票

熱で魘されてたのかもね。
隣がお寺だったのなら、御先祖様や守護霊が守ってくれてたのかも。
何にせよ治って良かった。感謝だね。

No.3 22-05-14 13:28
匿名さん3 ( )

削除投票

なんか分からないけど、何か得体の知れないものから守護して貰ったんじゃないかな、たぶん。

No.1 22-05-14 13:05
通りすがりさん1 ( )

削除投票

夢です。

すべての回答

投稿順
新着順
主のみ
共感順
付箋

No.1 22/05/14 13:05
通りすがりさん1 

夢です。

No.2 22/05/14 13:09
お礼

>> 1 母や親せきの叔母なんかが、代わり替わり、濡れたタオルを交換しに来てくれていました。
目は開かなかったので、一種の金縛りだったのでしょうかね。
だとすれば金縛り経験は、それ一度だけとなります。

No.3 22/05/14 13:28
匿名さん3 

なんか分からないけど、何か得体の知れないものから守護して貰ったんじゃないかな、たぶん。

No.4 22/05/14 13:33
お礼

>> 3 40度以上の熱はあったそうですが、たいしたことない知恵熱と母などは判断していたようです。
私的には、本当に死にそうなくらいの辛い状態だったので、そうかもしれませんね。
だといいですが。どうでしょうね?
どちらといえるかは、わかりません。
こんな話を気にすると精神を疑われそうですが、いくつかありまして。

No.5 22/05/14 13:33
匿名さん5 ( ♀ )

熱で魘されてたのかもね。
隣がお寺だったのなら、御先祖様や守護霊が守ってくれてたのかも。
何にせよ治って良かった。感謝だね。

No.6 22/05/14 13:42
お礼

>> 5 そうですねぇ。何事も感謝できるように精進してまいりたいです。

投稿順
新着順
主のみ
共感順
付箋

新しい回答の受付は終了しました

関連する話題

つぶやき掲示板の悩み一覧

悩みを投稿する

注目の話題

お悩み解決掲示板 板一覧