関連する話題
不公平な相続。 叔母が亡くなり相続が発生しました。 子供のいない叔母は、生前に公正証書遺言を作成してました。 遺言の内容は 姉がマンションと(家財含む)
自分勝手ですが離婚したい②

遺産相続問題 公正証書遺言と自筆証書遺言 まだ元気な親族の遺言書の検認が…

回答 1 + お礼 0 HIT数 225 あ+ あ-

匿名さん( 匿名 )
17-12-21 19:03(更新日時)

削除投票

遺産相続問題
公正証書遺言と自筆証書遺言

まだ元気な親族の遺言書の検認が裁判所から届きました。
相続人は申立人と私の二人です。

申立人の性格からして、全部よこせ。と言ってきそうだとは思っていましたが、まさか生きてるうちに裁判所を通して言ってくるとは思いませんでした。
(かなり自分勝手で思い通りにならないと何をするか分からない人なので、今までも私が折れてきました。)

元気なうちに自筆証書遺言を検認するのはよくあることなのでしょうか。

公正証書遺言を作成した方がいいと思うのですが、わざわざ手間とお金をかけて自筆証書遺言を検認する方法をとるメリットは何なのでしょうか。

法律関係詳しくないので、解る方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

No.2577918 17/12/21 00:18

新しい回答の受付は終了しました

No.1 17-12-21 19:03
匿名さん1 ( ♀ 匿名 )

削除投票

遺言書は公正証書だろうが自筆だろうが最も日付の新しいものが有効です。
ですからいま検認したところで後日新しく書き換えられれば確認したそれは無効。
遺言内容をしりたければ遺言を残すご本人に聞けば簡単なのにわざわざ検認?
それはつまり遺言者が相続人間で遺言内容に不服が起きないよう事前に承諾させておくためなのでは?

新しい回答の受付は終了しました

悩みを投稿する

関連する話題

注目の話題

殿堂入り

家庭・家族の悩み掲示板の悩み一覧

悩みを投稿する
[PR]株式会社ティファレト

お悩み掲示板 板一覧